スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- 区切り 区切り - 区切り - 区切り

伝える。

『考え』は、言葉にしやすい。

『思い』は、少し難しい。

mumurous 区切り 19:28 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

あの時に。

随分色んな物を捨てて来てしまったんだな。

できるなら。
できるなら。



mumurous 区切り 16:32 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

歩幅、肩幅、見送る背中。

伏し目がちに少しだけ右に傾けた顔。
右手の携帯に落とした視線。
左手には鞄、そのまま肩に担いで。
目立って広い肩幅。
真横から見ると実は長い睫毛。
伸びた髪。
猫背気味に丸めた背中。
そして少しだけバランスの悪い歩き方。


立ち止まり、動けなかったのは私だけ。

mumurous 区切り 07:34 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

ほんとは知ってほしかった事。

今なら、話せるのかな。
どうだろ。わかんないや。

mumurous 区切り 08:35 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

サヨナラサンカク。

さようなら、八月。
お久しぶり、九月。

駆け足で過ぎた夏は、
瞬きよりも早く彼方へ。

一つだけやり残し。
私の夏はまだ、始まってすら居ない事を、
秋の空気を含んだ風の中で思い出した。

真っ白な弓張月が、
頼りなげに浮かんでる。
太陽が沈む前の月は、
静寂の音を聴かせてくれる。

mumurous 区切り 02:23 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

シアワセ。

ほら、今あなたが私の為に泣いてくれた。
外を歩けば風が気持ちいい。
会話の中の一言に声を出して笑った。

幸せだよ。

いつか誰かと繋いだ手の温もり。
両親の腕の中の安心感。
迷った時導いてくれた仲間の優しさ。

幸福だよ。

mumurous 区切り 01:20 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

trust.

信じる事って自分に負けない事。
自分に負けてしまったらきっと、
誰も愛する事なんて出来ない。

だから今は自分と向き合って、
強くなりたい。

mumurous 区切り 23:59 区切り comments(2) 区切り trackbacks(0) 区切り

夏の子供。

ただ夏ってだけで元気三割増。
小さな身体に入り切らないわくわくが、
子供達を走らせる。

それは時に太陽よりも眩しい。

mumurous 区切り 12:46 区切り comments(2) 区切り trackbacks(0) 区切り

夏色。

立秋を過ぎた朝夕の空気は
日々柔らかさを取り戻している。

薄暗いマンションのエントランス。
一歩踏み出す時はいつも眩しくて目を細めるけど、
閉じかけたその目を見開けば、
そこには終わりの足音に気付いた夏の空が作り上げた、
精一杯明るい青い空。

目に入る青がどこか切なくて、
あなたを受け入れたいと少し思った。

待っててね。
いつか、この空も好きになるから。

今年はまだその準備が出来ていないから、
バイバイ、夏色。

mumurous 区切り 09:05 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

そして記憶は薄れていく。

曖昧に笑った顔すらも、
毎日続けていればそれが私の笑顔になる。
問うことをさせない事で、
それが自分であると押し付け、
誰にも何も知らせずに静かに消えればいい。

mumurous 区切り 21:26 区切り comments(0) 区切り trackbacks(0) 区切り

<< + 2/9PAGES + >>